fbpx

植松美月 / MIZUKI UEMATSU

植松美月は東京藝術大学 美術研究科 彫刻専攻 博士後期課程を修了しました。植松は彫刻を学び、鉄や紙を用いた彫刻作品を制作します。

東京藝術大学の博士審査展で提示した《咲きひらいて》は、2メートルの幅で、長さは7メートルを超える大型の彫刻であり、その姿は植物のようです。紙にインクを染めて、染めた紙にハサミを入れる。途方もない時間が投入される制作過程は、植物が水を吸い上げ、芽が出て、茎を伸ばし、葉を広げていく過程を想起させます。

植松の作品は、光、時間、呼吸、素材を切り裂くことで表現します。

WORKS / INSTALLATION VIEWS

  • 植松美月 博士審査展 展示の様子

EXHIBITIONS

経歴

植松美月 / MIZUKI UEMATSU
兵庫県出身、東京都拠点。

2018年
日本大学芸術学部美術学科彫刻コース 卒業
2020年
東京藝術大学美術研究科彫刻専攻 修了
2023年
東京藝術大学美術研究科彫刻専攻博士後期課程 修了

グループ展

2023年
P.O.N.D.2023 Dialogue/あたらしい対話に、出会う。, 渋谷PARCO(東京,渋谷)
野村美術賞受賞記念展, 鉄鋼ビルディング(東京)
2022年
東京藝術大学大学院美術研究科博士審査展2022, 東京藝術大学 陳列館(東京,上野)
2021年
柳瀬山荘と彫刻, 柳瀬荘(埼玉, 所沢)
2020年
第68回東京藝術大学修了展, 東京藝術大学(東京, 上野)
芸大アーツイン丸の内, 丸の内ビルディング(東京, 大手町)
2019年
石・土・金 多様な素材の中で, gallery SOL(東京, 銀座)
tokunsterlem, ヴェストファーレン・ヴィルヘイム大学(ドイツ, ミュンスター)
公益財団法人北野生涯教育振興会 彫刻奨学生作品展, 日本大学芸術学部(東京, 江古田)
2018年
東京五美術大学連合卒業 ・修了展, 国立新美術館(東京, 六本木)

受賞歴

2023年
テラスアート湘南アワード 2023 グランプリ 受賞
野村美術賞 受賞
2020年
藝大アーツイン丸の内2020三菱地所賞 受賞
2019年
平山郁夫奨学金 授与
2018年
公益財団法人北野生涯教育振興会彫刻奨学金 授与
2017年
国際瀧冨士美術賞特別賞 受賞

コレクション

2022年
東京藝術大学美術館 収蔵
2021年
チャームケア御殿山 エントランス
2019年
山梨県笛吹市 大窪いやしの杜公園
2018年
西馬込Ⅴプロジェクト[アジールコート西馬込]マンションエントランス

メディア

2023年
美術の窓 No.476 2023年5月号 インタビュー掲載

その他

2019年
神山アートインホテル/レジデンス
国際彫刻研究プロジェクト参加(ドイツ, ミュンスター)/レジデンス
スタンレー電気株式会社/作品レンタル(2019.05-2020.05)
東海さるく(延岡、宮崎県)/レジデンス・ワークショップ
2018年
Big on Bloor Festival(カナダ, トロント)/ワークショップ