fbpx

石丸圭汰 「free hand」 開催のお知らせ

石丸圭汰 free hand

会期:2023年1月20日(金)- 2023年2月5日(日)
オープン時間:金: 15:00 – 19:00, 土: 13:00 – 19:00, 日: 13:00 – 17:00
会場:aaploit 東京都文京区水道2-19-2 入場無料
Web:https://aaploit.com/keita-ishiaru-free-hand/
※期間中の他の日程(曜日)につきましてはリクエストによりオープン致します。

東京都文京区の現代アートギャラリー aaploit (アプライト)では、2023年1月20日(金)から2月5日(日)まで石丸圭汰の個展「free hand」を開催します。本展は2022年7月に名古屋のPHOTO GALLERY FLOW NAGOYAで開催した同名の展覧会の巡回展です。

石丸は佐賀市を拠点として活動しております。2022年に佐賀大学大学院を修了した後は、市内のアーティストと共同でアートスペースであるツー・バウンスを企画運営しています。ツー・バウンスは、学生を含む若手アーティストの発表の場として、交流・協奏する場としての役割を担っています。自身も積極的に展示を実践しており、アーティストとしての視点、運営者としての視点の両面から作家活動を実践しております。

本展では、名古屋展から追加制作した作品を提示します。

散策する点
散策する点 (2022) courtesy of the artist

《散策する点》は、映像作品とともに提示されます。シャーレの中の形、映像との関連性が示されておりますが、曖昧な関係性に鑑賞者は戸惑うことでしょう。映像には日常が映し出されておりますが、点が浮遊しています。映像の中に浮遊する点は不穏な雰囲気を持ちますが、その形が現れると、不思議な共鳴・共感を得ます。知らない町を歩いている時に、懐かしい痕跡を見つけたとき、このような感情が沸き起こるのではないでしょうか。

touch #4 (2022) courtesy of the artist
touch #4 (2022) courtesy of the artist

《touch #4》は複数のフレームと映像作品から構成されます。何もない空白のフレームのように見えますが、ただフレームには個別に、ただ一色が置かれており、それが並びます。映像で表象されているのは静物。絵画の伝統的なモチーフですが、そこに絵筆が現れます。モチーフの前に置かれたアクリル板に絵の具を載せているのです。載せられた絵の具が先ほどのフレームに痕跡として表れています。絵画の構築とその痕跡を見せる本作品は、否が応でも時間を意識します。

名古屋展 会場:PHOTO GALLERY FLOW NAGOYA 会期:2022年7月23日- 7月31日

ツー・バウンス:https://www.instagram.com/0002bounce/

作家略歴

石丸 圭汰 / ISHIMARU Keita

1997年福岡県生まれ
2022年佐賀大学院 地域デザイン研究科 修了
アートスペース「ツー・バウンス」(佐賀)オープン

個展

2019年接触 / トネリコカフェ(佐賀)
2022年free hand / PHOTO GALLERY FLOW NAGOYA (愛知)
2022年再々生 / 佐賀ダイハツ (佐賀)

グループ展

2020年目の前に肉があるのに。 / ギャラリーシルクロ (佐賀)
美術と社会の時間 / 佐賀大学美術館 (佐賀)
2021年en-bug room / エポック21 (佐賀)
2022年ツー・バウンスのワンバウンドめ / ツー・バウンス (佐賀)
居場所について”A Place For Us ” / over ground (福岡)
第4回廻覧会 / ンチチビル (大阪)

公募展

2020年タガワアートビエンナーレ 英展 / 田川市美術館 (福岡)

aaploit へのアクセス

aaploit へは、有楽町線江戸川橋駅の4番出口からが便利です。
4番出口を出て右手側に歩いてください。ローソンとマルエツが見えてきますので、そこから大通りを渡り神田川も渡ってください。石切橋浅野屋さん(おそば屋さん)を右手に見ながら道なりに真っ直ぐに進むと右手方向に道がカーブしますので、そのまま道なりに進んでください。5分ほどで左手側にaaploitがあります。徒歩9分くらいです。


本展覧会、作品についてのお問い合わせは、info@aaploit.comまでお願いします。